日本家庭教師普及会

家庭教師と英語の勉強|英語の勉強方法は日本家庭教師普及会内ページです。


家庭教師と英語の勉強|英語の勉強方法






英語の勉強方法(新潟市の家庭学習のススメより)中学生の英語の勉強

「音読マ ラソン」
・授業の おさらいとして,教科書本文の5回読みを家庭学習に課します。
・生徒は 5回読むごとに「音読マラソン点検表」を1マス塗ります。
・点検表 は定期的に集めて点検します。ノートに貼らせても良いでしょう。
「指で書 いて覚えよう」
・単語の つづりが苦手な生徒への支援に用います。特につづりと音声がなかなか一致しない 生徒に用いると効果的です。
・授業や 補充学習の際,「書けるようになるコツ」として指導し,その後,家庭学習にも導入します。
 ステッ プ@ 指書き   :単 語を見ながら指で書く(発音しながら)
 ステッ プA 試し書 き  :単語を見ないで指で書く(発音しながら)
 ステップB 先生 チェック :書ける ようになったら先生のところへ
        (先生の言う単語を聞いて,指で書く)
 ステップC テスト :全部書 けるようになったら先生のところへ
        (先生の言う単語を聞いて,指で書く)

○「英文 日記を書こう」
・週1回 程度の課題として家庭学習で取り組ませます。
 (曜日を指定して提出させても良いでしょう。)
・原則, 5文以上で書かせます。
  (抵抗のある生徒には2,3文でも可とし,個に応じた指導を行います。)
・内容は 基本的に「ある日の出来事などの日記」ですが,授業で学習した表現を用い
 た自己表現活動にも活用できます。
 (例)be going toを用い て,週末の予定を書きます。
・教師は 簡単な英文コメントをつけて返却します。
・日記帳 はA4を1/4にした 紙に色画用紙の表紙を付けるなど,
 簡単なもので構いません。(かさばらず,回収や配布も容易です。)

 ★新潟市学校支援課 
小学校,中学校別 に,教員向け資料・家庭学習資料より

英語の勉強方法の特性

● 英語

英語で必要なことは、単語力と文法の理解になります

中学に入ってから初めて学校の授業に組み込まれる教科になりますの で、苦手意識が出る前に対策をとりましょう。

教科書の単元ごとに新しい単語が毎回登場します。

漢字の練習と要領は変わりませんが、まず書く練習が必要ですが、ただ 書くだけでは頭には残りません必ず発音し ながら覚えましょう。

英単語はローマ字読みとは発音が異なります。 できれば、発音しながら練習をすると効率が良いでしょう。

1つ の英単語を覚えるということは『読み』『スペル(つづり)』『意味(訳)』の3つ をしっかり覚えることが大切です。

 発音しながら書いて練習し、そのあ とでしっかり意味がわかるかチェックが必要になりますので問題集などで練習後、必ずチェックしましょう。

毎回の授業前には教科書に目を通すだけの予習も効果的です。

● 英語の定期テスト対策  

必要な道具:教科書・問題集・単語帳・授業ノート・ワーク・単元の各 テスト・単元の各プリント

・教科書や授業のノートを10回以上読むこと発音やスペルミスを チェック。

・重要な表現などは確実に覚えて、文章として読み書きできるように しっかり

 覚えること。

・単語や基本文は、繰り返し発音しながら書けるように覚えること。

・問題集の問題を解き、答え合わせをして、しっかりと読み書きできる ように

 反復練習する。

注)「単語を覚えたから、英文は訳せる」というと、それだけではまっ たく不十分。

文のルール〈文法)というものを覚えて、そのルールにしたがい読解し ていかなくてはただの直訳になります。

 新しく登場したルールに従い、英文 を書き練習し、正しく使えるか覚えているか、練習問題を通してチェックすることが必要です。

 覚えたルールを使用し何パターンか 英文を書いて練習してみましょう。

単語の練習にもなりますし一石二鳥!ただしルールを間違えると意味が とれなくなり、文の流れをうまくつかめなくなるので、チェックは必ずして下さい。

「単語」を覚え「文法」を覚えると言う二つの点をおさえたら、長めの 文に取組ましょう。

はじめは11文から訳していき、しっかりと意味を理解しましょう。日本語になればあと は読解力で理解できます。

★高校受験までに

英文→和文にするスピードを少しずつ上げるように問題を繰り返して慣 れておきましょう。

 聞き取り(リスニング)の 問題も受験には出ますので、上記の対策と並行して、音読したり英語を聴く機会を定期的につくり、耳を慣らしておきましょう。

 英語の発音や解釈は1人で確認するのは困難です。 間違った発音、解釈のまま進むと後々の学習に響きます。

確認や指導を受ける環境があれば、英語の発音や解釈の理解が深まるで しょう。

 入試に出題される問題は公立であれば教科書の範囲で、私立であれば 学校のレベルに合わせて出題されます。

普段の授業で扱っている文や教科書などで見る文よりも堅く、範囲の広 い英文の解釈が必要になります。

 個々の目標に応じた的確な対策が必 要になります。

●公立高校の入試の注意点    

 リスニング、文法・語法、イディオム、長文読解と総合的に教科書の 範囲より出題されます。

中学校で習う英単語や文法をしっかりと覚え、英文の読解や作文がス ムーズにできるように問題演習を通して練習を重ねましょう。

 出題傾向や難易度は例年大差がない のである程度の知識を付け、問題演習を繰り返したら過去問を使用して、傾向やペース配分などを身に付けましょう。

  問題演習の中で抜けている知識や理解不十分な場所を的確に学習し、本番 へ向
 けて備えましょう。

○私立高校入試の入試の注意点

私立高等学校によってレベルや出題傾向が異なります。早い段階で志望 を定め、目標校の過去問を演習しレベルや傾向をつかむことが重要になります。

 基 本知識は教科書で出るポイントをしっかりと身に付け、過去問などのレベルや傾向の近い類似問題を演習し本番に備えましょう。


メールマガジン登録で無料レポートを差し上げます。

ただ今無料メールマガジンにご登録いただくと無料レポートを差し上げます。

無料レポート内容は

やりたいことが見つからない、どこに行きたいかわからない。
そんなお子さんと中学生の保護者が行う
失敗しない進路選択

これがあればお子さんと一緒に進みたい高校を選ぶ時の参考になります。

日本家庭教師普及会メールマガジン

クリックすると登録フォームが開きます。

※スマートフォン・携帯からの登録の場合は

「katekyofukyukai.com」の ドメインの許可設定をお願いします。

 

家庭教師と英語の勉強|英語の勉強方法は日本家庭教師普及会

家庭教師と英語の勉強|英語の勉強方法は日本家庭教師普及会内のページです。

▲ ページトップ

家 庭教師紹介・指導料勉強方法お知らせ資 料請求お母さんの声ごあいさつ
サイトマップ会社概要個人情報保護方針特定商法リンク情報お問い合わせ
ご紹介キャンペーン無料体験申し込み | 家庭教師募集|

家庭教師と英語の勉強|日本家庭教師普及会リンクについて

家庭教師と英語の勉強|英語の勉強方法は日本家庭教師普及会へのリンクはご自由にどうぞ。

相互リンク随時募集中

メインメニュー

資料請求

無料体験

ご紹介

お問い合わせ

家庭教師募集中

相互リンク募集中

携帯サイト

日本家庭教師普及会携帯

すこやかパスポート

にいがたっ子すこやかパスポート
キャンペーン申込み
新潟市の方対象

無料レポート

メールマガジンに登録するともれなく「失敗しない進路選び」の

無料レポートがもらえます。

無料メールマガジン登録サイドバー