日本家庭教師普及会

家庭教師と国語の勉強|国語の勉強方法は日本家庭教師普及会内紹介ページです。


国語の勉強|家庭教師と国語の勉強方法は日本家庭教師普及会






 国語の勉強方法(新潟市の家庭学習のススメより)中学生の国語勉強

 〜 宿題をテストや成績,学校評価と連動させる取組 〜

1 月曜日は漢字の日
 @ 毎週月曜日,全校生徒に宿題として提示します。
 A 火曜日に学級担任に提出します。
 B 担任は,提出者を名簿に記録し,教科担任に渡します。
 C 教科担任は,提出者を記録し,本人に返します。
 D 提出状況は,成績に加算します。
  ※ 学校評価の目標に提出率90%以上と設定しました。
2 ノート1ページに30文字
 @     副教材の問題集1ページ分を宿題にします。
 A     漢字の書き取りのみとします。
 B     国語のノート1ページに30文字書きます。(3回ずつ,2段にして書く。)
 C     楷書で丁寧に書きます。
3 授業で5問テスト
 @     授業の始めに5問の漢字書き取りテストを行います。
 A     宿題として出した漢字の内容と連動します。
 B    1枚のシートに50問書けるようにします。
4 帰りの会で全校一斉漢字小テスト(50問テスト)
 @     年間4回全校で小テストを実施します。
 A     80点以上を合格とし、80点未満は再テストを実施します。
 B     成績に加算します。

    ★新潟市学校支援課 小学校,中学校別 に,教員向け資料・家庭学習資料より

国語の勉強方法の特性

●国語
国 語の学習は、「文字」に慣れる習慣をつけるところから始めましょう。わからない言葉が出てきたら必ず辞書を引くようにし、その 意味を分かるように していく力をつけておくようにしましょう。
 
 あたりまえですが『文字』を形成する漢字を知らなくては読むことが出来ません、
わからない字や新しく出てきた漢字は辞書を引き意味を調べ て繰り返し書いて 練習し覚えましょう。

 国語は読解力をつけるために必要な教科です。国語が出来なければ全ての教科に影響がでます。
★定期テスト対策
● 国語 定期テスト対策 
 必要な道具:教科書・授業 ノート・ワーク・単元の各テスト・単元の各プリント

 ・テスト範囲の教科書を 10回以上読むこと。
 ・ワークや単元の各プリン トで間違ったところを答えを確認しながら書き写しす。
 ・どうしてもわからない場 合は先生に理解(自分が)できるまで聞く。
 ・授業の内容を思い出しな がら、復習として確認するためにノートやプリントを
  読み直しをする。

  ただ練習問題集を解くことが国語の勉強だと思う人もいるかもしれませんが、  そのためにはまず言葉を知ることが大切です!

  言葉の意味を確実に押さえておくことで、堅い文章や難しい言い回しも自分の  頭にイメージができるようになり、理解につながります。
 
 イメージをより正確にするためには、文法(ルール)や技法(テクニック)を身に  着けましょう。

 
 何気なく使っている日本語にもルールやテクニックがあります。

 学校の授業や進度に合わせ てしっかりとルールなど問題を通しておさえていき  ましょう。
 
 あとは間違って覚えていないかしっかりチェックして修正していくことが肝心で  す。 
あとは多くの文章に触れて覚えた知識を忘れないように保つ のがコツです!
★高校受験までに
  文の 種類や形式によっては、解釈のポイントがあります。それを一人で理解し 読解していくのはとても大変な作業になります。
 自分なりの解釈ではなく、 なにを問われ、なにが答えなのかを正確に確認して進 みましょう。
 解説を読んでもニュアンス が読み取れず、うまく消化できなこともあるはずです。
 とにかく文章の読解を的確 にできなければなりません。漢字や語句などの細か い部分に時間を割くのはもったいないので、演習の中で確認するようにしましょ う。
文の種類別の読み方や長い文 章の読解に慣れ、ポイントをしっかりしぼれるように読解演習を繰り返し行い、本番に備えましょう。
 
解説や解答を見ても理解が十分にできない人も多いでしょう。理解を深めるには、わかりやすく噛み砕いた解説をしてくれるサポーターが欲しいところです。
●公立高校の入試 の注意点
 教科書範囲での出題になり ますので、文法やポイントをしっかり身に付けた上 
 で、文章読解を重ねていきましょう。

 
 詩、評論、小説、古典の分野からの出題になりますので、文の特性を抑え演習 しましょう。


 傾向や時間配分を身に付ける為には過去問が必須です。

  ある 程度、読解演習を行っていれば並行して取り組み、漢字や語句は演習を 
 通して理解不十分な箇所だけ練習し効率良く身に付けるのがお勧めです。


  あとは硬い言い回しや長い文に慣れ、本番に臨みましょう。
○私立高校入試の 入試の注意点
 学校によりレベルや傾向が 異なるので、まずは過去問で耐性を作りましょう。
 同レベルの学校の過去問な ども演習しておくとより効果的です。また文に慣れ、 出来れば文を読むスピードをつけるようにしましょう。
 大意把握を的確におこな い、問われた形式に合う解答が出来るかが重要にな 
 ります。

 文の種類に応じた読み方や 基本文法は教科書や問題演習を通してしっかり身 に付けましょう。

 

メールマガジン登録で無料レポートを差し上げます。

ただ今無料メールマガジンにご登録いただくと無料レポートを差し上げます。

無料レポート内容は

やりたいことが見つからない、どこに行きたいかわからない。
そんなお子さんと中学生の保護者が行う
失敗しない進路選択

これがあればお子さんと一緒に進みたい高校を選ぶ時の参考になります。

日本家庭教師普及会メールマガジン

クリックすると登録フォームが開きます。

※スマートフォン・携帯からの登録の場合は

「katekyofukyukai.com」の ドメインの許可設定をお願いします。

 

 

家庭教師普及会 国語の勉強方法画像

家庭教師と国語の勉強|国語の勉強方法は日本家庭教師普及会内のページです

▲ ページトップ

家 庭教師紹介・指導料勉強方法お知らせ資 料請求お母さんの声ごあいさつ
サイトマップ会社概要個人情報保護方針特定商法リンク情報お問い合わせ
ご紹介キャンペーン無料体験申し込み | 家庭教師募集|

国語の勉強方法へのリンクについて

家庭教師と国語の勉強|国語の勉強方法は日本家庭教師普及会へのリンクはご自由にどうぞ。

相互リンク随時募集中

メインメニュー

資料請求

無料体験

ご紹介

お問い合わせ

家庭教師募集中

相互リンク募集中

携帯サイト

日本家庭教師普及会携帯

すこやかパスポート

にいがたっ子すこやかパスポート
キャンペーン申込み
新潟市の方対象

無料レポート

メールマガジンに登録するともれなく「失敗しない進路選び」の

無料レポートがもらえます。

無料メールマガジン登録サイドバー