日本家庭教師普及会

社会の勉強方法 | 日本家庭教師普及会 社会の勉強方法の紹介ページです。


社会の勉強方法 社会 地理・歴史・公民の勉強方法とは?






社会

社会の勉強方法(新潟市の家庭学習のススメより)中学生 社会の勉強の特性

 ●社会 
 新聞やテレビ番組を通して社会の動きに関心をもたせる家庭での活動(例)  
・全学年,毎学期,年間3回新聞記事のスクラップを家庭で行います。
・スクラップ収集期間中は,社会科係りを通して,教科担任に提出します。
・各教科担任は,提出されたスクラップの枚数,内容によって,各学期の「関心・意欲・態度」で評価をします。 

○ その他,長期休業中(夏季・冬季)に,1日の出来事で,自分が一番印象に残った出来事について,新聞やテレビのニュース番組から見付けさせています。全学 年で実施。特に3年生は受験での面接時に,最近の社会の動きを問われることが昨今,多くなったので,特にこの課題は重視しています。

 ★新潟市学校支援課 小学校,中学校別に,教員向 け資料・家庭学習資料よ

社会の勉強方法(地理・歴史・公民)特性

●社会

中学の社会は『地理』『歴史』『公民』の3つに分けられます。
それぞれ特色はありますが、どれも知識を問われるもので、決して難しくありません。
 いかに知識をつなげるか、暗記できるかにかかっています。知識の整理がポイントになります。
●社会の定期テスト対策
 必要な道具:
 教科書・問題集・授業ノート・ワーク・単元の各テスト・単元の各プリント

・教科書を読み直して太字の重要語句の意味を理解し、しっかり書けるようにして
 おくこと。
・授業の内容を思い出しながら、復習として確認するためにノートやプリントを
 読み直し、ポイントを理解する。
・問題集やプリントを行い、答え合わせをして、間違えたところなどは繰り返し
 解き記憶する。
○地理
  「地理」は日本、世界各地の地形や気候、産業を学びます。自分たちが住んでいる地域の「環境を知る」科目といえます。
日頃から、自分の身の回りの様子に対する興味・関心を持つことが大切です。
まず、その場所と建物やそこの特色をしっかりと整理することが肝心です。
白地図に場所を書き込んでみたり自分で地図を作ってみたり、位置関係を区別して覚えましょう。
位置関係を覚えたら特色(地形、工業、産業、農業、気候、風土など)を結びつけます。
広範囲を一遍に覚えるのは不可能なので、範囲を教科書の単元ごとなどに絞って、地区ごとにしっかりと場所と特色を結びつけていきましょう。
○歴史
「歴史」は過去に起こった重要な事柄や文化、それに関わった人物などを学ぶ科目です。
流れを抑えるのが肝心になります。 いつ、誰が、何を、どのように、結果どうなったのかというポイントをしっかり知識付けしていくことが必要です。
時代ごとに年表をまとめて流れを抑えましょう。これも一辺に覚えるのは難しいので、時代ごとや教科書の単元ごとで区切り、 整理していけば確実に覚えられ るはず!
 あとはひとつの重要な事柄について、関わった重要人物や年号、内容をしっかりまとめて知識を厚くしていきましょう。
マインドマップを使って覚えることなども効果的です
○公民
 「公民」は国会や裁判所など私たちの生活を支える社会の仕組みや世界で起こる様々な出来事についての知識が問われる科目です。
 日頃から新聞を読み、ニュースをチェックすることが得点アップにもつながります。また教科書をよく読み、重要だと思う部分を自分なり にまとめてみるのも良いでしょう。
 自分の手で実際に作業することで内容が記憶に残りやすくなるからです。
 実際には、資料集の写真や図と照らし合わせながらするとさらに効果的です。
ポイントを図解や分野ごとに整理して、混同しないようにしっかりチェックし確認しながら進みましょう。 公民はなんと言っても、知識量で差がつきます。ただし、まず内容を十分に理解しないことには知識は定着しない、ということを忘れないで下さい。
その上で、世の中の動き・変化を敏感にキャッチできるよう、周りに常にアンテナを張っておくことも大切です。
★高校受験までに
 暗記教科になるので、どの分野もいかに知識を正確に覚えていられるかにかかってきます。
 効果的な整理法や定期的な知識の確認が必要でしょう。 情報量が多くなるので
1人では根気が必要です。確認して指導受ける友達や先生を探しましょう。
自分の抜けている箇所を確認し指摘してもらえる人がいれば、安定した知識を保つことが出来るはずです。
 基本的には教科書での必要事項を単に一つ一つ覚えるのではなく、色々な事を関連付けて覚えていきましょう。

また、最近の傾向では時事問題なども出題されます。その年に起こった時事事項などにも注意しましょう。
●公立高校の入試の注意点     
 社会は基本的には地理・歴史・公民と分野が分かれており、またはそれらを複合した問題が出題されます。
 多くは学校では習わないような広く深い内容で出題されるので、時間をうまく使って勉強していかなくてはなりません。
○私立高校入試の入試の注意点
 地理・歴史・公民の内容が平均的に出題されます。またそれらを混合した問題が出題されます。基本的には教科書範からの出題となるので、基本事項をしっか りと覚えましょう。
  また最近では図や資料、グラフから読み取る問題が出題されてきています。このような問題にも慣れておきましょう。

 

メールマガジン登録で無料レポートを差し上げます。

ただ今無料メールマガジンにご登録いただくと無料レポートを差し上げます。

無料レポート内容は

やりたいことが見つからない、どこに行きたいかわからない。
そんなお子さんと中学生の保護者が行う
失敗しない進路選択

これがあればお子さんと一緒に進みたい高校を選ぶ時の参考になります。

日本家庭教師普及会メールマガジン

クリックすると登録フォームが開きます。

※スマートフォン・携帯からの登録の場合は

「katekyofukyukai.com」の ドメインの許可設定をお願いします。

 

 

家庭教師普及会 社会の勉強方法画像

社会の勉強方法 | 日本家庭教師普及会 社会の勉強方法

▲ ページトップ

家 庭教師紹介・指導料勉強方法お知らせ資 料請求お母さんの声ごあいさつ
サイトマップ会社概要個人情報保護方針特定商法リンク情報お問い合わせ
ご紹介キャンペーン無料体験申し込み | 家庭教師募集|

社会の勉強方法 | 日本家庭教師普及会リンクについて

社会の勉強方法 | 日本家庭教師普及会 社会の勉強方法へのリンクはご自由にどうぞ。

相互リンク随時募集中

メインメニュー

無料レポート

メールマガジンに登録するともれなく「失敗しない進路選び」の

無料レポートがもらえます。

無料メールマガジン登録サイドバー

資料請求

無料体験

ご紹介

お問い合わせ

家庭教師募集中

携帯サイト

日本家庭教師普及会携帯

すこやかパスポート

にいがたっ子すこやかパスポート
キャンペーン申込み
新潟市の方対象

相互リンク募集中